細野晴臣やデイジーワールドのアーティストの“ぼやき”・・・・・お楽しみ下さい・・・・

2011年12月13日

Plexophonicの正体

先日ラジオで選曲したPlexophonicについて少し詳細判ったのでご報告。
Plexophonicはサンフランシスコを拠点に活動する作曲家のマイケルくんの個人プロジェクト。本職はテレビやラジオ・コマーシャルなんかの音楽を制作する会社を共同経営しているそうです。
「20年代後半から30年代のジャズが大好きなんだけど、30歳までロックバンドしかやったこと無かったんだよ。カンザスに住んでいた1997年に初めてスウィング・バンドを結成してドラムと歌と編曲を担当して、一応CDも出したんだよね。家族が住んでいるハワイを旅行した時にウクレレを手にして以来、おもちゃのように夢中で楽しんでいるんだ。ミルス・ブラザース、ゴールデン・ゲート・ゴスペル・カルテット、ボスウェル・シスターズなんかのヴォーカル・グループがとても大好きでね、何か出来ないかなぁ〜と思って遊びで作ったのがYOUTUBEで公開されている映像と言うワケさ。最後のをアップロードしてから1年くらい経つから、そろそろまた新しいのを作ろうかと計画中だよ。」

Bounce of the Sugar Plum Fairy

I'm Pau

「ホソノさんの番組で僕の音楽がオンエアされたなんて嬉しいね。だって僕は80年代初頭に聴いて以来のYMOファンだからさ!」
posted by admin at 16:36| okayang