細野晴臣やデイジーワールドのアーティストの“ぼやき”・・・・・お楽しみ下さい・・・・

2012年05月24日

空間線量モニタリング停止のお知らせ

去年(2011年)の8月4日から始めたこのライヴ配信ですが、東京の空間線量も安定(?)し、今は空気よりも河川や東京湾、ひいては水、魚貝類など食への懸念が一層深まっています。これらは空間線量計では計測できず、ひとまず配信を停止することにしました。長い間ありがとうございました。
posted by admin at 22:53| harry

2011年03月26日

東京のオアシス


Photo by dazi-et-dazie

外食産業に危機が迫っている。浅草のヨシカミが休業?!それは困る。大勢で行かなきゃ。どの町にもいい店がある。今でもまだおいしいものが食べられるとは恵まれ過ぎの感もあるけど、いつまで続くのかわからない。この状況ではどこが良い店かがよくわかる。そういうところを見つけたら行きましょう!ぼくは仲間と昨夜、目黒「とんき」に行きました。店内行列が以前と何も変わっていないことに驚愕。トンカツは強し。日々通っている代官山のカフェ「ミケランジェロ」は、地震当夜以来変わらずサービスを続けてます。顔を見せると「お互い、ホっとしますね」という会話が挨拶になりました。維持できているのは外食系物流ががんばってくれているからだそうです。広尾の「FOB COOP」に行くと窓にメッセージが貼ってあります。最近は夜6時までの営業を続けてるので、窓のメッセージに何が書かれているか寄って見てください。カプチーノ、スープ、バタートーストが好み。東京は現在も見えないモンスターに苛まれて、精神的にきつい場所となってます。いつも通っているカフェ、喫茶店やキッチンやレストランを歩き回りたいと思う。赤坂のバカナルにも行こう。ひとときの安らぎを提供してくれる、以前の日常を続けて行く気概を持つ町のオアシスに寄付?を!そうそう、中野駅に近い中野通り沿いにあるAZAMIというレストランは夜11時まで安全でおいしい食事を提供してくれてます。お一人さまの乙女でも居心地が良い。ではまた!

HoSoNo iPad
posted by admin at 10:04| harry

2011年03月21日

震災所感

いいことも悪いことも含んだ雨が降っている。水によって脅かされ、同時に水によって救われる。暴走する原発をなだめるのに先端の技術は無力だった。だから江戸伝統の勇気ある火消しらが決死の出動をしてくれた。彼らが放水を続け、それが功を奏している。そんな水を穢せば自らを苦しめる。その因果を今、世界が体験しているのだ。その一点だけでも、原発に未来は無いと人類は認識できたのだ。コストを気にする人は、今後災害をコストに含めることが必須条件になる。世界がこのままでいいと思うなら、地球にヒトが住む場所はなくなる。日本人は戦争に負けて何かを知った。今回も敗北を経験し、さらに深い大事なことを知った。日本人はこの経験を忘れることはない。(2011/03/21)

HoSoNo iPad
posted by admin at 07:42| harry

2010年10月05日

L.Aにて その3

あんなに暑かったのに昨日から箱根に来ているような肌寒さのロサンジェルス。雨が降ってる。今から帰国。P.O.Bライヴのことはまた書こうっと。
posted by admin at 03:26| harry

2010年10月03日

L.Aにて その2

昨日今日とP.O.Bのライヴ本番。会場はダウンタウンのORPHEUMというヴィンテージなホール。昨日はゲストのヴィンセント・ギャロがよかった。BUFFALO 66は好きな映画。ギャロは東京を絶賛してた。Tune Yardというユニットは新しいアメリカの若い音楽。特筆もの。ルーツがアフリカンだという以外、謎。で、今日の目玉がレディーガガ。本番前の夕方、いまリハーサル中。歌がうまいし声が大きい。ブルースを歌い始めた。長い曲。ジャニスジョプリンを思わせる。たくさんのゲストで、盛り上がりそう。ぼくはといえばP.O.Bで3曲ベースを弾く。あとは待つのみ。という感じで今日も暑かった。
posted by admin at 09:34| harry

2010年10月02日

L.Aにて

Plastic Ono Bandのお手伝いでロサンジェルスに来てるが、暑い。東京の猛暑をやっと乗り越えてきたのに、ここでまた繰り返すとは。涼しくなれば書くことも多いと思ってたけど、こう暑いとやっぱり頭が働かない。ここに来る前日は摂氏44℃というL.A観測史上最高温を記録したほど暑い。トレッキング中の女性が熱中症で亡くなった。彼女はタランティーノ作品の編集を担当している有能なメルケルさんというエディター。編集といえば最近映像の編集に目覚めたんだ。そのうちその成果を発表しちゃうよ。
posted by admin at 08:28| harry

2010年08月14日

ココロの散歩

痴呆の改善には散歩が欠かせないっていうのが、コシミハルの最近の研究結果。予防にもなる。その散歩はダラダラ歩いちゃ効果なし。多少の負荷をかけないと。趣味を持つと良いというけど、それもダラダラと習慣にするのは脳には効果がないようで、なんでもダラダラがよくないってことだ。アタシの生活はまさにこのダラダラの典型。でも痴呆にはなるまい。何故ならココロの散歩をちゃんとしてっからね。それがゲイジツ*っていうもんだ。いつも未知の領域を散歩するのがゲイジツの神髄だ、ということを忘れちゃった日など一日も見当たらない。全く。いつも同じコースをダラダラ散歩するのも飽きちゃうし、時には少し知らない道を歩くのがワクワクするのだ。未知の道。道との遭遇。音楽を聴いたり作ったりするのも、感覚領域の若干の拡張が嬉しい。脳ミソの中のまだ行ったことがない神経の道を少しだけ歩いてみる。それがココロの散歩っちゅうわけだ。*ゲイジツっていうのは言うまでもないが藝術のことだな。鉄アートの「クマさん」というゲイジツ家が広めた。(20100814_お盆の入り日にて)
posted by admin at 15:39| harry

2010年08月10日

after the world happiness

さぞや暑いだろうとオノノイていたけど、一昨日は涼しい小雨のシャワーで過ごしやすいWorld Happinessだった。Plasticsが出る日没頃、奇麗な夕焼けになったのもいいかんじ。この恵まれた天気は、夏の野外フェスにとってありがたいことこの上ない。子供の頃、運動会などが好きじゃなく、雨が降ればいいのに、と思ったものだ。猛暑のこの夏にはそんな些細な願いもついついもってしまう。すると、このイベントの天気担当と自負している自称モーゼ高橋は、「祈りが通じた!」と皆の衆に吹聴していた。でもぼくも祈った。坂本教授も隣で「ぼくも祈ったよ」と言っていた。3人で雨乞いしちゃったのかな?おかげでその日の夜はドシャ降りになっちゃった。

PastedGraphic-3.jpg
posted by admin at 14:05| harry

2010年08月07日

で、なにが?・・その1〜UFO

リーヴ21の社長さんがCMで喋ってるのを聞いてると、どうしても宇宙人じゃないかと疑っちゃう。その昔、湾岸戦争の衛星報道で、現地からのレポーターの声が同じように宇宙人だった。在NYのDr.Kahata (Psychic Labo) は、いつもUFOの記事や話題を送ってくれる。チャーチルが第二次大戦中の空軍パイロットによるUFO遭遇事件(Foo Fighter)を50年間封印指示のニュース。情報開示に50年以上かかったね。でもフー・ファイターのネタは誰もが知っていて、隠蔽した意味がない。7月30日付けのニュースではブラジル上空で飛行機から謎の物体〜つまりUFOが撮影された。7月26日にはマレーシアのリゾートビーチで巨大な円盤が写真撮影されてる。8月2日、中国の天文台の人が来年か再来年に「宇宙人がらみの重大事態の可能性」を発言。早く宇宙人来ないかな・・「あの〜、円盤って貸してもらえませんかねえ?」。
posted by admin at 20:41| harry

2010年08月03日

追悼

今野雄二さんの訃報。心がワサワサします。不毛の時代に見切りをつけたんでしょうか・・・。おつかれさまでした。
posted by admin at 13:50| harry

2010年08月02日

「惜しげもなく」

TVの芸能ニュース「アイドルのxxxは惜しげもなく引き締まったビキニ姿を曝した。」じゃあ、惜しい感ってどんなのかな?恥ずかしそうにしてるならわかるけど、惜しそうな姿は皆目想像できない。
posted by admin at 12:13| harry

2010年07月27日

今月のCAYはお休みします

正式なお知らせがなかったようなので、遅くなりましたがこの場を借りて報告します。休んだことがなかったCAYのイベントですが、今月は夏休みということでお休みになりました。さっきもボヤキましたが、レコーディングやってまして・・・。あと、YMOでWorld Happinessのリハーサルも始まります。暑い!ダルい!来月はやるのでよろしく!
posted by admin at 23:58| harry

さあて、レコーディングだ!

こんな暑い時期に曲なんかつくれない、なんてボヤいてる場合じゃなく、レコーディング・セッションが始まっちゃう。銀座のはずれのONKIO HAUSに今入った。手始めにカヴァー数曲をやるかね。いままでライヴでずっとやってきた歌。ソロアルバムに入れるかどうかは置いといて、ともかくいい音を録っておこうというわけだ。とりあえず音決めが進行中。メンバーはSteel Guitar/高田漣、Ac.Bass/伊賀航、Drs/伊藤大地、そしてAc.Guitarは自分、という最小編成だ。
posted by admin at 17:59| harry

2010年07月26日

映画あれこれ:プレデターズ & 紙兎ロペ

封切りされて即「プレデターズ」を見に行った。ロバート・ロドリゲスの製作だからちょっとは期待しちゃうよね。しかしこのユニークなキャラも既に5作目ともなると、どんなにうまく作ってもあの豚顔のキャラが出てくるのはみんな知っちゃってる。それを知った上で楽しむアトラクションだと思えばいいや。予告編が始まってからダラダラと入場して来た観客は高校生風が多くて、アメリカ人もインド人もいた。結局この日は、冒頭に上映したギフト・ムービー「紙兎ロペ」に大笑い。興味を持ったので作者の内山勇士作品を検索。「アルツハイム」を見たらこれも面白かった。DVDも出てるので買っちゃった。敬意を表してね。
(参考)GIFT MOVIE プロジェクト アルツハイムDVD YouTube - アルツハイム
posted by admin at 10:35| harry

2010年07月20日

つぶやきと分身 その3

毎月末恒例のCAYのデイジー・イベントで、先6月の回に話したのが「つぶやきと分身」。その内容が難しいと言われたので補足しとかなきゃ。で、TVについての話。TVに出ている人は村の人気者。ここ日本村?で村内放送を見てると、そこに出てる人がどんなに見慣れない顔だとしても、いつのまにか顔見知りになっちゃう。ところが最近は「顔見知り」というよりも「オノレ自身」じゃないかと感じたりもする。毎日毎日些細なストレスにさらされていく世の中、人がTVを見続けるのはプチ・ストレスの緩衝、または代償なのかも。今の世の人々はTVの芸人のつぶやきを自己の代弁とし、ストレスを彼らに預けているんだろう。自己の代理=AVATARだ。要はつぶやき(twitter)と分身(avatar)が現在の自己防衛なのだ…ということかもしれないような気がするかもしれない。何言ってるかわかんなくなっちゃった。(完)
posted by admin at 16:36| harry

2010年07月16日

つぶやきと分身 その2

「さまぁ〜ず、さまぁ〜ず」はもう何年も続く深夜番組だが、当初の密やかな感じが薄れ、今年になって人気番組の雰囲気を持ちだしている。でも話題は相変わらずごく卑近なことで終始する。日々のプチ・ストレスの話は誰もが経験していることだが、あえて人には言わないような微妙なものだ。だからこそ知らず知らず心に溜まって行く。そんなことを自分の代わりにTVで言ってくれるからちょっと快感なんだと思う。大竹氏曰く。スーパーのレジで前の人がお金を準備してない。曰く。高速の料金所ではその場でお金を探している人に苛立つ。等々。いっぽう三村氏は卵かけご飯(TKG)好きで、最近卵をあまりかき混ぜない方が美味しいと発見。等々。こんな話題は友人とファミレスでするようなものだ。そして解決されそうもない同じテーマが毎回繰り返される。松本人志の「すべらない話」は深夜からゴールデンに進出し、そのDVDの売り上げは270万部にも達しているらしい。ここで話される話題も似たり寄ったりだが、話術で盛るから面白い。そして多くの人が番組を楽しんでいる。で、これこそ自分の投影なのだ。自分が言わなくともTVの仲間〜あえて言えば自分の分身が「うまいこと」つぶやいてくれる。(続く)
posted by admin at 11:44| harry

2010年07月13日

つぶやきと分身 その1

TV朝日土曜深夜の「さまぁ〜ず、さまぁ〜ず」を録画して毎週見てる。TVブロスのレギュラー枠で相方の星野源くんとそれが「面白い」という話をしたけど、その補足。ソロをリリースした星野源くんがこの前、大竹+Chara(敬称略)の情報TV番組に出演し、ぼくが「さまぁ〜ず、さまぁ〜ず」ファンだと伝えたが、大竹氏はそれについて「遠い所からどうもどうも!」という反応だった。そうか、「さまぁ〜ず」から見ればぼくは随分遠いところにいるのだ。でも、「さまぁ〜ず、さまぁ〜ず」での彼らのトークは限りなく自分に近い。大きな話題は皆無で、変化の無い日々の話。そしてそれが何故面白いのか考えてみた。(続く)
posted by admin at 17:55| harry

眼鏡をかけたまま眼鏡を探すアレ

先日帰宅早々に携帯が鳴り、荷物を置く間もなく電話に出たわけ。で、会話しながら日常のクセでバッグにあるiPhoneを探し始めたんだ。「あいふぉんがない!」と慌てた瞬間、電話の向こうで「今、iPhoneで話してるんじゃないの?」という指摘。眼鏡をおでこにかけたまま眼鏡を探すというアレが、ぼくの場合携帯しながら携帯を探すという事態に。これは進化だろうか?ともかくショック。
posted by admin at 16:25| harry